お問合せはこちら
アクセスマップ
徳地歯科facebook
ほのぼの日記

お子さまの治療にあたって

子どもは小さな大人ではありません

子どもの歯は小さい大人の歯ではありません。大人の歯と子どもの歯は、構造が少し違います。子どもの歯は大人の歯と比較してエナメル質(歯の表面の強い歯質)の量が半分ほどしかありません。

そのため、虫歯の進行が早く、予防・早期発見・早期治療がより大切になります。

医院に来られても、診療室に入るまで時間がかかるお子さまもいます。泣いて治療が出来ないお子さまもいます。

初めての受診日には、お子さまの状態、治療の協力度合いなどをみさせていただくだけでなく、歯科医院に慣れてもらう意味合いもあります。
緊急の必要性がある場合を除いて原則初回に歯を削る治療は行いません。お子さまが泣いて治療ができないことを心配に思われなくても大丈夫です。

みなさん上手になっていかれてます。お子さまと一緒に頑張りましょう。


詳しくはこちら